日々の単調な生活に刺激を求めて、安易に出会い系サイトに刺激を求めてしまったお馬鹿主婦、まさみです。

結婚して2年、専業主婦になり夫に尽くすはずが夫は釣った魚に餌をやらないタイプ、もともと活動的な性格で結婚前の恋愛も激しかった私は今の生活に軽く失望、冷めてしまった結果、出会い系に走ってしまいました。

出会い系では夫とは真逆のタイプと恋愛トークをすることをメインで利用していたのですが、ある男性と意気投合してしまい、出会ってから半年でどうしても会ってしまうんです。

単なる遊びだったのに彼の方が私に本気になってしまうというとんでもないことになってしまいました。

私はほんとに今の生活を保ちつつ気晴らしのつもりでの出会いでした。

エッチも刺激的だったし会っている時間だけは非現実空間、その遊びの感覚を共有できない人は出会い系サイトには向かないとはっきりわかりました。

出会い系体験談を語ってくれた女性の詳細プロフィール
ニックネーム まさみ
性別 女性
現在の年齢 36歳
利用した出会い系サイト ハッピーメール
当時のプロフィール 34歳、ハンドメイド作家兼雑貨店パート主婦、155cm、56キロ、若く見える癒し系
相手のプロフィール 大工、189cm、エグザイル系イケメン風(笑)
この体験談は、こんな人に読んでほしい 疲れた主婦
この体験談で、なにを伝えたい? つまらない生活から脱却したくて安易に出会い系を使って解消しようとしたけど、相手が本気になってしまってあやうく家庭崩壊の道をたどるようなことにならないように気を付けて!!

主婦はダメ?出会い系を始めた原因は夫が思っていた人と違うかったから

夫が思っていた理想の夫ではなかったことが、私がこの世界に足を踏み入れた一番の原因だと思います。

結婚適齢期を過ぎてからの出会いだったので、出会ってから結婚までの間に私たちはあまりにお互いを過大評価し、盛り上がりすぎて同棲なりもっと一緒に過ごすなどして、もっと深く彼を知ればよかったんだと思います。

夫自身、恋愛時代と現在では、主婦となった私に向ける関心の度合いがかなり減りました。

私はこれまで遊んでいた分、結婚したら、の妄想が膨らみすぎていて、もっと彼を大事にするつもりだったのにそこに意味を見出せなくなってしまったんです。

こんなはずじゃなかった、私は結婚したら良き妻になり彼のために尽くしまくって、すぐに子どもを作って良き母になるんだと信じて疑わなかったんです。

しかし、結論として夫婦生活すらままならないくらい夫は仕事人間でした。私は家事をするだけの存在。妻、、いえいえ、主婦とうのもおこがましい、、家政婦?と思ってしまった時期もあります。

この寂しさ、苛立ちをつい他の男性に埋めてもらおうと考えた、安易な思考がまず失敗だったと反省しています。

出会い系の男性に誤解を与えた!違うのっ・・家庭は壊したくない。私は主婦よ

夫婦間のすれ違い問題を、他の男の存在で解決しようとしたことがまず、お門違いもいいところだったんだと思います。

ただそれまで浅い恋愛を繰り返してきた私には、そこにしか癒しを求められなかったんです。主婦という事の意味を理解していませんでした。

そして私と意気投合してしまった出会い系サイトで知り合った男性もまた、私に依存してしまうタイプのどうしようもない男性でした。

勘違いをしてしまい、私のことを本気で守りたいという錯覚に陥っていったんです。

甘えすぎた私も悪い

私自身は家庭を壊すつもりで始めた出会いではなかったのですが、その非現実的な出会いの時間に彼に対して甘えすぎてしまいました。

そういう疑似恋愛をすることが楽しかったというか、気晴らしだったのに、彼にとっては「私が本気で彼のことを必要としている」「今の生活から抜け出させてあげないといけない」という使命感をもってしまったみたいでした。

この誤解を解くのにかなりの労力を費やしました。

夫にばれないように関係を解消するのに、半年もかかってしまいました。

出会い系で知り合ってから1年は良かった!しかし、本気になり始めた彼

彼とは出会い系サイトで知り合ってから約1年、ラインのみでやり取りをし、月に一度くらいの頻度でホテルで愛し合う時間を過ごしました。

しかし、1年経つころからか彼が私との将来を見据えたような夢を語りだし、これはもしかしてやばいかもしれないと感じ始めたんです。

私は遊びだと彼に伝えて関係を始めたつもりだったので、行為の終わりにそのことについて何度も話し合いをしましたが、理解したふりをしながら彼は着々と私を自分のモノにする計画を進めていたんです。

現実逃避のセックス!それが私達の関係。の、はずだった・・

平日の昼間以外は連絡を取らない、しかもやり取りは全てLINEだという約束をしていたにも関わらず、何度もライン電話をかけてくるようになったり、私のパート先に突然現れたり、夫にいつバレるかとひやひやするような行動をとりはじめたんです。

彼とはほんとに気が合ったし、体の相性も良かったので、当たり前ですが会っているときは完全に恋人のように甘い時間を過ごしていました。

とはいってもデートらしいデートをしたことはほとんどなくて、だいたい部屋で密会、つまりは会っている間中ほぼセックスをしてお互いの心の隙間を埋めているような感じでした。

それは私にとっては現実逃避の時間であって、こっちの世界にくるつもりはさらさらなかったんです。彼も分かってくれてるはずでしたが、本気にさせてしまったようなんです。

パート先に現れたときは恐怖を感じた

パート先に現れたときには心底恐怖を感じました。おそらく私と密会した後別れたのに尾行をしたんだと思います。

私も私で、午前中に彼と密会し、その足で趣味を実益を兼ねてハンドメイド作品を置かせてもらっている雑貨屋の店員をさせてもらっているので、そのお店に立ち寄ったりしていたんです。

店長やお店のパートさんから不審な目で見られるのは本当に困るので、ごまかすのに必死でした。

同世代の女性の目は節穴ではありません。中には多分この不自然な態度でなにか疑いの目を持った人もいたと思います。

本気の彼と遊びの私。どうして別れるかを本気で考えた

私はココで初めて彼のことを本気で切らないといけない時期に差し掛かったことを実感し、改めてセックス抜きで彼を話し合いの機会を持つようにしました。

わかっているけど気持ちはどうしようもない、できれば穏便に私のことを奪いたい、そのために旦那さんと話し合う覚悟だとも言われてしまい、たかが出会い系サイトでの出会いがこんな風になってしまうことに恐怖を感じました。

それ以降、私は彼と別れるためにこれまでに使ったことがないくらい脳をフル回転させました。

主婦業にまい進します!全てを断ち切り引っ越し

私はちょうど夫の実家の近くに家を建てる計画があったことを利用し、彼の前から姿を消す選択を計画しました。

本来、夫の両親との二世帯など絶対に嫌だったのにすんなり同意し、夫にも子どもが欲しいと積極的に自分から夫婦生活を迫りました。

家の完成とともに携帯も番号から一新するために解約、パート先だった雑貨店も辞めて仲良くしてもらっていたパート仲間や店長とも音信不通にしました。

彼からの連絡にも一切応じず、LINEも未読のまま、どんなに未練がましい言葉を見ても心を動かさないように鬼になりました。

これでもし彼がパート先に乗り込んだとしても何も分かりません。一切がっさい全て彼の前から忽然と姿を消すという形で引越しをしました。当時の人間関係は不本意ながらすべて断ち切ったことになります。

今は二世帯住宅の自宅でハンドメイド作家をしながら、生まれてくる子どものためにおとなしく主婦業にまい進しています。

結局私には夫しか頼れる人がいなかったんです。夫を失うことだけは冷静に考えて無理でした。

出会い系を使うならお互いの目的は確認しよう

最後になりますが、人生経験があまりに浅かったため私は結婚してからの理想と現実のギャップを、出会い系サイトというもので満たそうとした結果、しなくてもいい労力を山のように使って疲弊してしまうことになりました。

結婚自体も慎重にすべきことなのは当たり前のことですが、出会い系サイトでの出会いに関してももっと慎重になるべきだと思います。

まず会うまでにお互いの出会いの目的をしっかり確認し、あとくされのないものとしておくべきでした。

あなたも火遊びを希望するならば十分お気を付けください。

主婦が安全に出会い系を利用するには?

夫に相手にされない寂しさを、出会い系の男性に癒してもらいたい!!そんな気持ちがあっても今回の体験のように怖い思いはしたくない。

そう思っている主婦のために、どうすれば安全に相手を探すことができるのかについてお話します。

注意すべきことはそう難しくありません。4つの事を守るだけで安全に、心を癒してくれる男性と良い関係をもつことができます。

その4つとは、

・目的を伝える
・連絡はカカオ
・個人情報を教えない
・恋愛感情が芽生えたら切る

になります。

目的を伝える

ここを曖昧にすると相手男性は勘違いしてしまいます。女性と違い男性は割り切る事が苦手ですしハッキリと言葉にして伝えないと理解してくれません。

1度や2度ではなく、何度も伝える事が重要です。分かってくれているだろうという思い込みは通用しません。

連絡はカカオ

まさみさんはラインのみの連絡としていましたが、やはりより安全に連絡をとるには、カカオなど通常使わないアプリの方が安全です。

それをスマホの基本画面ではなく、いくつかスライドした画面に配置して、その他のアプリなどでカモフラージュします。

個人情報を教えない

意外と出来ないのがこの部分。ですが、最初に目的を伝えているので、個人情報を言い合わないというのを理解してくれるはずです。もし理解してくれないならその人とは良好な関係は気付けません。

理解してくれる別の男性を探したほうが安全です。

恋愛勘定が芽生えたら切る

割り切った関係を続けていても好きになってしまうのが男女というもの。家庭を壊したくないなら、恋愛感情を感じた時点で連絡をとらないようにしましょう。

ただし、間違いやすいのが既読無視をしてはいけないということです。

最初から仲良くない女性に既読無視をされても、男性はなんとも思わないのですが、仲良くしていた女性かから既読無視されたり、連絡が来ないとなると、疑問に思い逆にしつこく連絡してくる可能性があります。

元々がの目的が不倫やセフレという関係で、そのことを伝えているのですから、連絡がなくなった時点で物分りのいい男性は「終わったんだな」と思いますが、言ってあげないと分からないと言うか、言葉で伝えてほしいのが男性です。

「旦那にバレそなので関係をやめます。ごめんなさい。」とだけ言って無視しましょう。それが礼儀であり義務です。

でも、ここで男性はどうにか復縁を求めてくる場合がありますが、無視です。ここで連絡をとると余計に未練を植えつけてしまいます。

今回の体験談で使った出会い系はハッピーメールです


セックスしたい!どうすればいい?

セックスしたいと思ったら風俗に行くのが一番てっとり早いのですが、値段が高いですよね。

一発単価が諭吉越えです。高い。

私なんかは一日に三回くらい射精しないと気がすまないので、とうていお金がもちません。

■安くセックスしたい

しかし今は時代が進み、何でもネットで出来てしまいます。

といってもネット動画でオナニーではなりません。オナニー好きならそれでもいいのですが、僕はセックスがしたいんです。

そこで僕が使っているのが出会い系サイト。いやいや出会い系は出会えない系でしょ!!俺もやったことあるけどセックス出来なかったし・・

という、あなた。やり方を間違っているかもしれません。

■出会い系の99%はセックス出来ない

出会い系の99%は悪質な出会えない系です。お金だけむしり取られ何も残りません。

でも、一部の優良出会い系サイトはセックス出来ます。

あなたがセックス出来ない理由を見る

セックス出来る出会い系サイトを見る